【住まいの防災】台風や風水害に備え、家の安全対策をしよう!

台風・竜巻・ゲリラ豪雨……被害を最小限に防ぐために、今すぐ準備と点検を!

台風・竜巻・ゲリラ豪雨……被害を最小限に防ぐために、今すぐ準備と点検を!

初夏から秋にかけては、日本列島に台風が多く上陸するほか、前線の影響で天候が不安定になりやすい時期です。大雨や暴風、高波、高潮によって、各地に土砂災害や浸水などの様々な被害をもたらされています。近年は、短時間で局地的に激しく雨が降る「ゲリラ豪雨」や、突風・竜巻の発生する頻度も増えており、ニュースでも多く取り上げられるようになりました。

いつ、どのように起こるか分からない風水害から身を守るために、住まいの安全確保は必要不可欠です。今回は屋外を中心に、住宅における災害対策で気をつけたい基本のポイントをご紹介します。「我が家は大丈夫だろう」と油断をせずに、できることから準備をしておきましょう。
窓ガラスや雨戸などの「窓まわり」をチェック

窓ガラスや雨戸などの「窓まわり」をチェック

台風や竜巻の被害の中で特に注意したいのは、窓ガラスの破損。強風によって飛来物が窓ガラスにぶつかって破損するケースが多いです。もし窓ガラスが割れてしまった場合、雨風が家の中に吹き込んでガラスの破片や物が室内に飛散するほか、風の勢いで天井や屋根、建具が外れて飛ばされる危険性もあります。まずは窓の周りをチェックし、台風が来る前に生活道具など飛ばされそうな物があれば室内や物置に入れておき、外付けのブラインドやすだれ、グリーンカーテンは外しておくのが安心です。網戸や雨戸がある場合は緩みやガタつきを点検し、強風で外れないよう緩んだ部分があれば修理する、ガタつく部分にガムテープを貼る、板や段ボールでカバーするなどして補強をします。窓の隙間から雨水が入る場合は、新聞紙やタオルを挟んでおくと良いでしょう。

より安全性を高めるために、室内側のガラス面に「飛散防止フィルム」を貼るのもおすすめです。空き巣の侵入を防ぐための「防犯対策用フィルム」や、外からの紫外線を防ぐ「UVカットフィルム」など様々なタイプの飛散防止フィルムがあり、ホームセンターなどで手軽に購入できます。さらに、雨戸やシャッター、窓格子を設置するのも効果的。電動式シャッターなら、窓を開けずに室内からリモコン操作ができます。取り付けの際は、リフォーム会社や工務店などの専門会社に相談しましょう。
雨漏りの原因になる「屋根・外壁」をチェック

雨漏りの原因になる「屋根・外壁」をチェック

次に気をつけたいのが屋根や外壁の被害です。屋根瓦や漆喰、板金などが傷んでいると、強い雨風によって瓦や屋根材が外れて落ちたり吹き飛ばされたりする恐れがあるほか、屋根材の隙間から雨水が侵入し、雨漏りが発生しやすくなります。さらに、強い横殴りの雨を受けた時には外壁のひび割れからも雨水が染み込んでしまうというケースも。壁や柱に水が染み込むと、見えない部分の壁材や柱が腐食し、家の劣化を招く原因になります。また、ゴミや落ち葉などで雨どいが詰まってないかも点検を。雨水がきちんと排水できず、水があふれて室内が浸水してしまうこともあるので注意しましょう。

また、屋根の点検を行う際は自分で屋根に上がらず、専門会社にお任せしましょう。特に台風が接近してから屋根の上で作業をすることは、突風が吹く場合があるので非常に危険です。台風前に限らず、定期的な点検やメンテナンスをしておくと、いざという時も安心です。
ベランダや庭、車庫をチェック

ベランダや庭、車庫をチェック

植木鉢やプランター、自転車や子どものおもちゃなど、強風で飛散しそうなものは室内に移し、物干し台など移動ができないものは、地面に倒すかロープやワイヤーなどで固定します。大雨が降った場合は浸水の危険性もあるため、土地が低い地域の家や河川近くの家は特に注意が必要です。自宅でできる浸水対策としては、玄関先や勝手口のドア前、庭先の排水溝の回りなどに、水や土砂の流れをせき止める「土のう」を積んでおくのがおすすめ。土のう用袋や中に入れる土は、ホームセンターなどで購入できます。

さらに、駐車場や車庫、カーポートの状況も確認し、飛来物で傷つかないよう車やバイクにカバーをかけておきます。可能なら、しっかりした壁に囲われているより安全な駐車場などに移動させましょう。

いずれの対策も、雨風が強まってから作業するのはかえって危険ですので避けてください。日頃から被害を予測しておき、事前の対策を徹底しましょう。