いざという時に備える!
耐震リフォームのススメ

耐震性を高めるためのリフォームを

耐震性を高めるためのリフォームを

日本に住んでいる限り、どこにいても無縁とはいえないのが地震です。我が家は大丈夫?と、住まいの耐震性が気になっている人は多いかもしれません。もしリフォームを考えているなら、耐震性を高めるという視点から、家を見直してみませんか?
旧耐震基準で建てられた建物は要注意

旧耐震基準で建てられた建物は要注意

我が家が地震に弱い建物かどうかを知りたいなら、まずは家が建てられた年に着目してみましょう。というのも、1981年5月末までに旧耐震基準で建てられた住宅の場合、耐震性に問題があると言われており、実際に阪神・淡路大震災や東日本大震災で倒壊した家の多くが旧耐震基準の住宅でした。あなたがいま住んでいる家が旧耐震基準の住宅なら、耐震リフォームの必要性がとても高いといえます。

1981年6月以降、より耐震性の高い「新耐震基準」が設けられ、大規模な地震が起きても倒壊・崩壊しにくい住宅建築がなされるようになりました。さらに2000年の改正では、地盤調査の義務づけや柱や筋かいに使う金物の指定、壁の配置などに関してより詳しく定められ、より地震に強い基準となりました。
地震に強い家の特徴とは…

地震に強い家の特徴とは…

住まいが地震に強いかどうかは、建てられた年以外にも様々な要件によって決まります。第一に耐震性と関係が深いのは、その住まいが立つ地盤の状態です。宅地が、海や沼などが埋め立てられた場所だった場合や、山の斜面に作られている造成地の場合、地震に弱い傾向にあります。逆に固い地盤の上に立っている建物は地震に強いといえるでしょう。

さらに、家の形や構造も地震への強さと関係があります。一般に上から見たときに正方形や長方形などシンプルな形状の家は、地震が来たときに力が全体に分散されるため、地震に強いといわれています。逆に、コの字型やL字型の家は、建物の一部分に力が集中するため、地震で建物が歪み、揺れに耐えきれずに倒壊しやすくなります。また、窓が多くて壁が少ない家、1階がガレージになっている家、柱のない大きな吹き抜けのある家は要注意です。
具体的に何をする? 耐震リフォームのあれこれ

具体的に何をする? 耐震リフォームのあれこれ

リフォームによって耐震性を高めるためには、いくつかのポイントがあります。まずは建物を支える基礎の部分です。この基礎にヒビが入っていたり、強度に問題があったりする場合には、ヒビの部分を補修したり、鉄筋コンクリートの基礎にしたりすることで、耐震性を高めることができます。

次のポイントは壁や柱の補強です。壁に筋かいを入れる、壁に構造用合板を入れる、窓を減らして壁にするなどの方法によって、地震に対する強度は高くなります。また地震の際に力のかかる柱が腐食している場合には、新しい木材に変えるのも強度を高くする方法。腐食しないように防腐剤などを塗る、さらには柱と筋かいの接合部分に金具を設置するなどの方法によって、より耐震補強されます。

瓦などをつかった屋根の場合、屋根を軽量化することによって耐震性を高める事も可能です。上階の屋根の方が下階の屋根よりも重い場合や、地震の時に家の一部に力がかかりやすい構造になっているような場合には、耐震性を高める上で、屋根の軽量化は特に効果があります。

なお、リフォームの際にデザインのみを優先して何の補強もなしに壁や柱を取り除くと、地震に弱い家になってしまいます。リフォームで逆に地震に弱い家にしてしまわないよう、リフォームプランを立てる際には必ず耐震性について考えておく必要があります。
まずは自治体に相談して、耐震診断を受けてみよう

まずは自治体に相談して、耐震診断を受けてみよう

住まいの耐震性に不安があるなら、まずは自治体に相談して耐震診断を受けてみてはいかがでしょうか? 現在、ほとんどの自治体に耐震診断や耐震工事に関する補助制度があります。補助が受けられる条件や金額については、自治体によって異なりますが、多くの自治体では特に旧耐震基準の建物に対して、積極的に耐震診断や耐震工事への補助を行っているようです。事前申請が条件になっているところがほとんどなので、まずはお住まいの自治体にどんな制度が使えるか、問合せをしてみましょう。