ペットといつまでも楽しく暮らせる、
快適な家にリフォーム

ペットが家族団らんの輪にいる、理想の住まい

ペットが家族団らんの輪にいる、理想の住まい

ペットは大切な家族の一員。特に、豊富な品種のなかから好みやライフスタイルに合わせて選べる犬や猫は人気が高く、室内で飼う家庭も多いです。しかし、ペットを育てられる環境が整っていないと、匂いや汚れに悩まされてしまったり、ペットが病気やケガをしてしまったりすることも。人と動物がともに楽しく、快適に暮らしていくためにも、ふさわしい住環境に整えたいですよね。そこで今回は、ペットと暮らしやすい家にするリフォームのポイントを紹介します。
毎日のお散歩が楽しくなる、玄関の工夫

毎日のお散歩が楽しくなる、玄関の工夫

室内で飼うペットも、健康のためには定期的に散歩に連れていったり、広場で遊ばせたりすることが大切です。玄関に足の洗い場があれば、帰宅後すぐに洗浄でき、家に入るまでの作業がスムーズになります。玄関クロークにペットアイテムを収納するスペースを設け、リードやキャリーバッグなどのお出かけグッズをひとまとめにしておくのもおすすめ。外出の手間が少なくなれば、日々のお出かけがもっと楽しくなりますよ。
壁材や床材をリフォームし、快適空間に

壁材や床材をリフォームし、快適空間に

ペットと一緒に暮らしていくうえでの大きな悩みは、匂いや汚れ、傷などのトラブルです。犬はさまざまな箇所に排尿して“マーキング”をしますし、猫には壁に体をこすりつけたり、爪をといだりといった習性があります。これらは動物の本能なので、しつけることはできません。消臭効果や傷に強い壁材、床材に張り替えて、匂いや傷のつきにくい空間を整えましょう。

床材を検討する際に必ずチェックしたいのは、滑りにくい素材であることです。小型犬や猫など体重の軽いペットの場合、つるつるした床面は踏ん張りがきかず、転んでケガをしてしまったり、足腰に負担がかかって病気にかかったりする原因になります。対処法として床にカーペットやコルク材を敷く方法もありますが、匂いや汚れが染みついてしまい、掃除や手入れが大変です。専門業者に相談をし、グリップ感のある床材を選びましょう。また、動物のフケなどにはダニなどのアレル物質が含まれているのですが、これを抑制する床材もあります。アレルギーが心配な場合は、採用してみるとよいでしょう。
キャットドア&キャットウォークで自由な生活を

キャットドア&キャットウォークで自由な生活を

猫と一緒に暮らす場合、家の中を好きなように移動できる環境を整えてあげることが健康に保つ秘訣です。猫は気が向いたときに外に出て、飽きたら自分のテリトリーに戻ってくる性質があります。自由気ままに暮らせない環境ではストレスをためてしまい、体調を崩してしまうことがあるからです。だからといって家中の扉を開けっぱなしにしておくと、空調のコントロールができないばかりか、移動の際に体が挟まれてケガをしてしまうリスクも。猫が安心して移動できるよう、自身で自由に出入りできる「キャットドア」付きの扉に変えるのがよいでしょう。なお、キッチンや浴室など、入ってほしくない部屋は戸締りを徹底し、出入り防止の柵なども設置しましょう。

また猫は、縦横の立体的な移動を好みます。リビングの吹き抜けや階段の横などに、高所に上っていく「キャットタワー」を設けたり、広さに余裕のある壁面に段違いの棚を設置したりするのもおすすめです。吹き抜け上部の窓際に足場を作り、猫が散歩できるキャットウォークを設けるのもよいでしょう。
好きなときにいつでも走れる、ドッグランを庭に

好きなときにいつでも走れる、ドッグランを庭に

犬派は、家の外も見直しを。家庭菜園やガーデニングをしていたものの、手入れが煩わしくなって持て余しているならば、思い切って芝生を敷き、愛犬のためのドッグランにしてはいかがでしょう。走り回れるくらいの広さがあるのが理想的ですが、ボールや水遊びをするスペースがあるだけでも、犬は十分楽しめます。その際気を付けたいのは、動物が口にして危険な植物が生えていないか、しっかり確認することです。花壇のあった場所にドッグランを作った場合、植物の根が残っていると、芝生の隙間から生えてくることがあります。チューリップやジャスミン、ポインセチアなどは花壇でよく見る身近な植物ですが、これらはすべて、動物が口にすると危険なものなのです。図鑑やネットで調べて自分で排除することもできますが、芝生を敷くのも労力がいるため、作業一式まとめて専門業者に任せるのが安心です。
専門業者に相談して、最適なリフォームを

専門業者に相談して、最適なリフォームを

人もペットも居心地のよい家にリフォームすることで、お互いにストレスが減り、楽しい時間を過ごせるようになります。今回紹介した事例のほかにも、コード類をかまないようにコンセントの配置を変えたり、転倒しないよう段差を解消したりするなど、気を付けたいポイントはまだまだあります。ペットの種類や特性、どんな暮らしをかなえたいかなどによって、リフォームする箇所は変わってきますので、まずは専門業者に相談をしてみてくださいね。