住まいの湿気、結露対策

湿気は、住まいの寿命や健康に影響する

湿気は、住まいの寿命や健康に影響する

そろそろ梅雨の季節です。梅雨時は室内の湿度が上がり、ジメジメした空気が家中にこもります。そのまま放っておくと、風通しの悪い場所に結露が生じ、カビやダニも発生。アレルギーや呼吸器疾患の原因にもなりかねません。さらに家の建材が湿度の高い状態にさらされることで腐食が始まり、早く家が傷む原因にも。湿気は、家の寿命にとっても、そこに住む人の健康にとっても大敵なのです。
換気&除湿で、ジメジメを退散!

換気&除湿で、ジメジメを退散!

湿気対策として、すぐに実践できるのは換気と除湿です。室内に風の通り道ができるよう、晴れた日には2ケ所以上窓を開け、空気の流れをつくりましょう。窓が少ない部屋、押し入れやクローゼットなど湿気がたまりやすい場所は、扇風機を使って風を送るか、除湿器かエアコンの除湿機能を使って湿度を下げましょう。エアコンを使う前にあらかじめフィルターの掃除をしておくと、衛生面だけでなく稼働効率も良くなります。

梅雨は、換気のために窓を開けると逆に外の湿り気を家の中に入れてしまうこともあります。そんな時は、窓は閉めたままエアコンや除湿器を上手に使って、湿度を下げましょう。

室内の空気を入れ替えることができる「24時間換気システム」を設置している家では、湿気を軽減するために、スイッチを常時つけておくのが原則です。せっかくシステムがあっても、スイッチを切ったままにしてしまうと結露やカビが発生しやすくなります。また、長年使い続けていると換気効率が落ちてくるので、給気口内のフィルターは定期的に掃除しましょう。
高機能サッシ、窓の施工で結露を防ぐ

高機能サッシ、窓の施工で結露を防ぐ

湿気対策を考えた時、もうひとつ注目したいのが窓ガラスの結露です。アルミサッシは熱が伝わりやすく、外気の影響を受けやすいため結露しやすいといわれており、特にアルミサッシに1枚ガラスがはめてある場合、すぐに結露ができて窓枠が湿っている状態になってしまいます。こまめに水滴を拭き取っても、すぐに結露ができてしまうようなら、アルミサッシを結露しにくい樹脂の高機能サッシに変える、内窓をつけて二重窓にするなど、結露対策のプチリフォームをする方法をとることもひとつの手です。
湿気を吸う建材にも注目!

湿気を吸う建材にも注目!

部屋全体の湿気をなんとかしたいと考えるなら、表面積の大きい壁材を調湿性の高いものに変える方法があります。室内の湿度が高くなると吸湿して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して部屋の湿度を一定に保つ性質を持つ壁材を使ってみるといいでしょう。また、珪藻土を壁材として塗ることでも同様の効果が期待できます。

床下から上がってくる湿気対策としては、湿気が上がってこないように床下に防湿シートを敷く、床下用木炭を敷き詰めるなどの方法もあります。それぞれの家庭にあった対策を取り入れて、室内の湿気対策をしていきましょう。