実は危険な冬の入浴。急な温度変化による
“ヒートショック”を防ごう!

ヒートショック現象とは?

ヒートショック現象とは?

急激な温度変化による血圧の変動で、ショック状態を起こす健康被害のこと。冬場の入浴時やトイレで起こることが多く、特に高齢者や生活習慣病の人は注意が必要です。暖房のない冬の浴室で服を脱ぐと、体温が急激に下がり血圧が上昇し、そこで暖かい湯につかると、今度は血管が拡張し血圧は急激に低下します。こうした10℃以上の温度差による血圧低下が、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になり、時に命に関わる危険もあります。入浴中の死亡者数は年間17,000人と推定されていますが、その多くでヒートショックの関与が考えられています。寒い季節は家の温度差による体の負担を減らし、ヒートショックを起こさないよう意識することが大切です。
ヒートショックを起こさないためには、以下の予防と対策が効果的です。
自己で温度管理をする

自己で温度管理をする

脱衣所や浴室内に暖房を設置するなど、室内を暖めて温度差を極力なくす工夫が必要です。シャワーでお湯はりをするのも効果的で、高い位置からお湯を出せば浴室全体が暖まります。湯の温度を40度未満の”ぬるめ“に設定したり、手足にかけ湯をしてから入浴するなど、血圧の急な変動を最小限に押さえましょう。
入浴のタイミングに気をつける

入浴のタイミングに気をつける

冬の入浴は、気温が比較的高い日没前がおすすめです。人の生理機能が高いうちに入浴することで、温度差への適応がしやすくなります。食後や飲酒直後の入浴は、血圧が下がりやすくなるため避けましょう。万が一の時のために、家族がいる時間に入浴することも大切。家族が時々声をかけて様子を確認しましょう。
暖房設置や断熱リフォームを行う

暖房設置や断熱リフォームを行う

●脱衣所と浴室まわりの暖房
家全体の断熱リフォームが難しい場合は、脱衣所や浴室、トイレだけでも暖房を入れることで、急な温度変化を防ぐことができます。また、古い浴室をシステムバスにするのも効果的。浴室暖房を設置する際は、浴室専用のものを使用してください。

●内窓の断熱リフォーム
ヒートショック対策の鍵は、「熱が逃げやすい」場所=窓・床下・壁の断熱をすることがポイントです。内窓とは、別名「二重サッシ」とも呼ばれ、室内側にもう1セット取り付ける樹脂製の窓のこと。いくらエアコンで室内を温めても、窓の隙間から冷たい外気が室内に入り、暖気が外へ逃げてしまいます。二重構造にすることで、家全体の断熱性や気密性を高めます。窓からの熱の出入りを極力抑え、家の温度差を少なくしましょう。
実は危険な冬の入浴。急な温度変化による“ヒートショック”を防ごう!
●床暖房、壁の断熱を設置する
脱衣所やトイレなど、寒さが気になる部屋には床暖房を設置したり、床に断熱材を施工するのも方法の一つです。また、家全体の断熱工事を行い、「高断熱・高気密」住宅にリフォームするのも効果的。家全体がひとつの部屋のように均一な温度に保たれ、外気温の影響を受けにくいので安心です。暖房器具の設置や断熱リフォームに関しては、専門業者に相談・依頼をしましょう。

実はとても怖い家庭内事故、ヒートショックの対策のカギは、「温度のバリアフリー化」。家の中の温度差を極力なくす工夫を行い、ヒートショックを未然に防ぎましょう。

【監修】(公財)岡山県健康づくり財団 附属診療所 所長 坪田典之
http://www.okakenko.jp/