寒い家をなんとかしたい! 今すぐ始めたい、住まいの寒さ対策

まずは、熱が逃げやすい窓やドアを攻略しよう

まずは、熱が逃げやすい窓やドアを攻略しよう

街行く人たちの服装が冬服へと変わり始めたら、そろそろ家の寒さ対策を始めたい時期です。冬になると家の中にいても寒いという悩みをお持ちなら、まずは窓やドアなどの開口部をチェックしてみましょう。せっかく温めた空気が逃げている可能性があります。
例えば、窓ガラスそのものに結露防止用の断熱効果のあるフィルムを貼る、すき間風防止用のシールテープやクッションで室内ドア下からのすきま風を防ぐなどするだけでも、外気の侵入を防ぎ、室内の温かさをより保つことができます。加えて、内窓を取り付けて二重窓にするなどの工夫をすると、さらに効果的です。
床対策で、足元からの冷気をシャットアウト

床対策で、足元からの冷気をシャットアウト

いくら暖房で部屋をあたためても、足元が寒いという場合は、床の寒さ対策をする必要があります。たとえば、寒さを感じやすいフローリングの床に断熱効果に優れているコルクマットを敷くと、床下からの冷気を軽減できます。また、カーペットを敷く場合にその下に断熱マットを敷く方法もオススメです。

なお、一軒家では家の基礎部分に通気口が設置してあり、特に古い家の場合には通気口から床下へと入り込んだ冷たい外気が、1階の床をいつも冷やしている状態になりがちです。こんな時は、特に寒い日だけ一時的に通気口を塞ぐ(カビや結露の恐れもあるのでずっと塞いだままにはしないでください)、または普通の換気口から断熱性能を持った床下換気口に取り換えるなどの方法をとると、床下からの冷気が軽減されます。
暖房の仕方や温かさの演出を工夫する

暖房の仕方や温かさの演出を工夫する

室内で寒いところと温かいところの温度差が大きくなると、寒さをより感じやすくなります。そんなときは暖房器具を窓のそばに置いてみましょう。窓のそばに暖房器具を置くことで、外から入ってくる冷気を防ぎ、部屋のあたたかな空気を循環させることができます。また、エアコンや石油ストーブだけでなく、オイルヒーターやガスヒーターなどを使うと、湿度を下げることなくじっくり部屋の空気があたたまります。最近では薪ストーブなどで、体感はもちろんのこと、見た目の温かさを演出する家も増えてきました。

寒さを感じるときには、目から入る視覚的な情報の影響も大きいので、部屋のインテリアもレースなどを使った夏仕様のインテリアのままだと家の中がより寒く感じます。オレンジや赤などの暖色をインテリアに取り入れ、クッションカバーやカーテンなども厚手のものに変えておきましょう。
寒さを防ぐためのリフォームとは

寒さを防ぐためのリフォームとは

家の寒さ対策として本格的にリフォームをする場合には、壁や屋根などに断熱材を入れる方法が一般的です。ほかにも太陽光を利用して部屋に暖かさが入ってくるように窓の位置を工夫したり、床暖房を取り入れたり、窓のサッシやガラスを変えるなどの方法もあり、その効果は抜群です。家全体をリフォームするのが難しい場合でも、浴室やキッチンなど特に寒さを感じる場所を重点的にリフォームする方法もあります。

家によってさまざまなケースがありますので、一度リフォーム会社に相談してみてはいかがでしょうか。