空き家&中古物件の上手な活用法
~空き家を売りたい・貸したい時はどうすべき?

空き家は放置すればするほど状況が悪くなる

空き家は放置すればするほど状況が悪くなる

メディアでも報道されることの多い空き家問題。地方では特に深刻で、岡山も例外ではありません。空き家を放っておくと資産価値はどんどん下がり、危険な状態であると判断されれば罰則を受けることもあります。そうなってしまう前に、空き家や中古住宅を上手に活用する方法をご紹介します。
空き家を放置していたらペナルティを受けることも

空き家を放置していたらペナルティを受けることも

「空家等対策の推進に関する特別措置法」が平成27年5月26日に完全施行され、倒壊の恐れや衛生上に問題があるなど「特定空家」の所有者に対して、行政側が撤去や修繕を勧告・命令できることになりました。勧告を受けると固定資産税の優遇を受けられなくなり、命令に違反すると50万円以下の過料が科せられます。そうなる前に、早めに売却等の利活用を決断しましょう。

やむをえず空き家にしている場合は、空き家の巡回、維持管理の代行サービスなどを利用することで適切に管理し、価値を維持することができます。建物は空き家になった途端に傷みが進み、修繕に多額の費用がかかったり、庭木が生い茂ったりと近所迷惑になることもあります。資産価値を落とさないためにも、定期的に空き家をメンテナンスすることが大切です。

●空き家の巡回、維持管理の代行サービス(内容の一例) 
空き家&中古物件の上手な活用法~空き家を売りたい・貸したい時はどうすべき?
資産価値の目減りを防ぐために早めに売却する

資産価値の目減りを防ぐために早めに売却する

時間がたつと建物の資産価値は減る一方なので、早めの決断が必要です。地方都市郊外の住宅地は、よほど立地が良いなどの利点がない限り今後も土地価格の下落が進みます。また、人口の減少で住宅を取得する人が減る傾向にあるため、需要が減少し供給過剰になり、その結果価格の下落を招いています。売却するか賃貸にするか等を早めに決断することが大切です。

売却する際に重要なのが、相続する以前に購入した際の金額(取得費)を証明できるもの(契約書など)を必ず保管しておくこと。この書類がない場合は、取得費として譲渡価額の5%分しか認められないため、売却するときの税金(課税譲渡所得金額)が高くなってしまいます。相続する不動産の関係資料を引き継いでおくことにより税金申告の際に取得費がきちんと計上でき、節税につながります。また、境界確定協議書などがない場合は売却の際に再度、測量しなければならなかったりと余計な費用がかかってしまうこともあります。
空き家を賃貸にして家賃収入を得る

空き家を賃貸にして家賃収入を得る

空き家のまま維持していくにもそれなりのコストがかかります。それなら期限を設けて貸す賃貸物件(定期借家契約)として所有してはいかがでしょう。賃貸にすれば毎月安定した収入も得られて、かつ家屋の維持も同時にできるので一石二鳥といえます。

賃貸や売却などに活用することを条件に空き家をリフォームする場合は、市町村の補助金制度を利用できます。現在、岡山県内では岡山市や倉敷市をはじめとする多くの市町村で制度が用意されています。また、空き家情報バンクなどの制度がある市町村では、こちらに登録して賃貸や売却をする方法もあります。
>例 : 岡山市HP 空家等適正管理支援事業(リフォーム)
…工事に要する金額(他の補助制度の対象となる工事を除く)の1/3を補助(上限50万円まで)
※予算がなくなり次第終了なので、早めの申し込みを
http://www.city.okayama.jp/toshi/jutaku/jutaku_t00023.html


※ここでご紹介している各制度には、
 一定の条件を満たすことが必要なものがありますのでご注意ください。

■監修協力/(一社)岡山住まいと暮らしの相談センター((株)岡山不動産鑑定事務所) 石田 信治さん
(岡山県岡山市北区内山下2丁目2-9 セゾンクレール101号室 ℡ 0800-777-5456)
http://www.okayamasoudan.com/