“選んで・分ける”でスッキリ! リフォームと“整理収納”の関係

リフォームや新築を行う前には、モノの整理収納を!

リフォームや新築を行う前には、モノの整理収納を!

「すっきり暮らしたいのに何だか片付かない」そんな悩みを抱える方は、たくさんいるのではないでしょうか。特に、これからリフォームや新築を考えている方にとっても、モノの整理や収納は重要な問題です。まずは新しい間取りを考える前に、家にあるモノを整理することから始めてみましょう。今持っているモノを見直すことで、おのずと理想の暮らしや住空間のイメージが湧いてくるほか、引っ越し時の片付けや入居後の配置もスムーズに進みます。
今回は「整理」を軸にして物事を考え、自分自身と向き合う「整活」を提唱する整理のスペシャリスト・佐藤亮介氏に、人が快適に暮らせる住まいづくりに役立つ「整理」についてアドバイスを頂きました。
キレイにする・キレイを維持する3つのポイント

キレイにする・キレイを維持する3つのポイント

キレイに片付いた家や部屋を維持するためには〈整理〉〈片づけ〉〈増やさない〉ことが大切です。多くの人はモノが増えると収納物を購入し、収めることでしょう。収納物に収めると確かにキレイになった気がしますが、散らかっていたモノが収納物に移動しただけで根本的には何も解決していません。これを佐藤氏は「隠す収納」と言っています。モノが見えなくなれば使わなくなり、収納物は増えて部屋を息苦しい空間に変えてしまいます。本来は「整理」をしてから「収納」という順番が正解です。
つまり「整理収納」とは、①収納とは別の作業 ②整理の後で収納する
という意味が込められた言葉なのです。
整理とは「捨てる」ではなく、「選んで分けること」

整理とは「捨てる」ではなく、「選んで分けること」

「整理」とはモノを「捨てる」ことが第一歩ではありません。「断捨離」という言葉が流行り、多くの人がモノを「捨てる」ようになりましたが、捨てられない人はいくら頑張っても簡単にモノを捨てることはできません。佐藤氏は、無理に「捨てる」ことは考えず、次のような基準で選び、分けていくことを勧めています。

■ 今使っている物と、今はもう使っていない物
■ 今気に入っている物と、もう飽きた物
■ 今役に立っている物と、役に立っていない物

そして、残ったモノだけを収納しましょう。まずは頑張りすぎないために、この「選んで・分ける」だけでも行ってみてください。少しずつスッキリした空間に生まれ変わっていく様子を実感できるはずです。
「片付け」と「増やさない」を習慣に

「片付け」と「増やさない」を習慣に

次に大事な習慣化は「片づけ」です。「片づけ」の正しい定義は、使ったモノを「元に戻す」ことであり、「片づけ」の習慣を身に付けるために一番大事なことはモノの「住所」を決めることです。これをモノの「定位置管理」と言います。あなたの家ではカギや服、アクセサリーなどの「住所」がきちんと決まっているでしょうか?
また、モノを増やさない工夫も大切です。衝動買い、タダだから貰う、レジ袋や包み紙をとっておく……。いくら整理して減らすことを頑張っても、安易にモノを増やすことをやめる意識を作らなければ、すぐにリバウンド(モノだらけ)してしまいます。要らないモノを買っていないか、貰っていないかを考えてみてください。買う時、貰う時がモノが増える始まりなのです。佐藤氏は「欲しいと思った時には、一度深呼吸をしてから判断してください。不思議と安易な買い物がなくなり、モノが増えにくくなっていることに気付くでしょう」とアドバイスをしています。

「整理」とは、今持っているモノを「選んで分ける」ことで暮らしをいかに快適な状態にするかが目的です。新しい住まいづくりを、ぜひ整理収納の観点からも見直してみましょう。

アドバイス:佐藤 亮介さん
Ryosuke Sato
資格:整理収納アドバイザー1級及び認定講師。毎月、整理収納アドバイザー2級認定講座や家事の楽ワザを実技中心で習えるレッスン塾を開催中。
http://www.lohaskatas.com/ ロハスカタス
http://www.kireiseikatsu.com/ 整理、掃除、洗濯のお役立ちブログ