“選んで・分ける”でスッキリ!実践編
リフォーム時の4つの整理・収納プロセス

整理・収納を実践して快適な住まいづくり

整理・収納を実践して快適な住まいづくり

リフォーム前やリフォーム後に整理・収納を実践すると、その後の暮らしが更に快適になります。服や食器など、なかなか整理できないモノの整理・収納プロセスについて、整理のスペシャリスト・佐藤亮介氏にアドバイスを頂きました。整理収納の考え方についてまとめた本サイトのコラム記事“「選んで・分ける」でスッキリ! リフォームと整理収納の関係”も参考にしながら、実践してみましょう。
process1.ザクッとでもいいので整理をしましょう!

process 1.
ザクッとでもいいので整理をしましょう!

まずは服や食器など主なモノだけでも良いので「整理」し、自分や家族にとって本当に必要なモノを確認しましょう。無理のない基準で分け、「捨てる」ことは絶対に考えてはいけません。「不必要」として仕分けたモノは、保留期間(1年以内)を決めて開梱せず置いておくこと。期限日がきてもそのまま残っている(使わなかった)モノは、無くてもいいモノなのだと分かるはずです。
process2.「おもいやり収納」でモノを隠さない

process 2.「おもいやり収納」でモノを隠さない

「収納」とは次に使う人のための「おもいやり」です。「すぐ見つかる」「すぐ取り出せる」「使い終わったらすぐ片づけられる」という3つのポイントが大切です。これを実現させるには写真のような「縦収納」がオススメ。モノが見えると使いやすくなり、使わずに隠しているだけのモノが無くなります。
process3.「腹8分目収納」で、美的収納を心掛けましょう

process 3. 「腹8分目収納」で、美的収納を心掛けましょう

最近「デッドスペースの有効活用」が勧められていますが、そこにモノを置きすぎるのはオススメできません。部屋は空間があるからこそ、解放感を感じられるものです。収納は80%以内に留めるように心掛けましょう。空間のある収納は美しい印象を与えます。
process4.「仕切る」収納と「四角く」収納で使いやすく

process4.「仕切る」収納と「四角く」収納で使いやすく

食器棚のカトラリーには「仕切る」収納術が有効です。箱やケースなどで仕切れば分かりやすくなります。その際は収納スペースの寸法を事前に測ること。採寸をしないとサイズが合わず失敗します。また、衣装ケース類は「四角いもの」を選ぶことも大切。横に並べても隙間が生まれず、モノを十分に収納できます。


最後にCHECK!

「整理」とは、今持っているモノを「選んで分ける」ことで、暮らしをいかに快適にするかが目的。そして、「散らかったら片づける」のではなく「散らかる前に片づけておく」、「汚れがひどくならないように掃除する」ことが片付けの正しい考え方です。「整理」や「片付け」を通じて、新たな自分と出会いましょう!

アドバイス:佐藤 亮介さん
Ryosuke Sato
資格:整理収納アドバイザー1級及び認定講師。毎月、整理収納アドバイザー2級認定講座や家事の楽ワザを実技中心で習えるレッスン塾を開催中。
http://www.lohaskatas.com/ ロハスカタス
http://www.kireiseikatsu.com/ 整理、掃除、洗濯のお役立ちブログ