部屋が暑くてたまらない! 暑さを防ぐ夏の住まい対策。

猛暑を乗り切る住空間の工夫。屋内での熱中症対策にも効果的

猛暑を乗り切る住空間の工夫。屋内での熱中症対策にも効果的

梅雨が終わると、本格的に夏が到来しますね。照りつける太陽によって気温が急上昇し、全国各地で35度を超える猛暑日が続くようになります。もともと高温多湿な日本ですが、夏の気温は近年高くなってきており、熱中症にかかる人も増加傾向にあります。涼しいはずの屋内でも、もわっとした熱気が漂うリビングや屋根からの熱が直撃する二階の部屋、食事の準備などで熱がこもるキッチン、湿度の高さでサウナのように暑くなるバスルーム、昼間の熱気がこもったままの寝室など、すべての部屋を常に快適な状態に保つことは難しいですよね。28度以上の室温や60%を越えた湿度は熱中症を引き起こしやすいといわれており、不快なままの住環境を放置しておくことは健康面から見てもおすすめできません。

そこで急務なのが夏の住まいの対策です。少しでも暑さを和らげることができるよう、できることから始めてみませんか。今回は今すぐできる暑さを防ぐ工夫から外からの熱気を遮断する断熱リフォームまで、夏の暑さに負けない快適な住まいづくりのコツをご紹介します。
窓から入る日射しを防ごう

窓から入る日射しを防ごう

室内に熱がこもる大きな要因は、窓から入る日射熱です。一度窓から日射しが入ると室内や窓の周辺に熱がこもってしまうため、室内でカーテンを閉めて熱を遮断するだけでなく、窓の外側でも日射しをカットする工夫をしてみましょう。その方法としては、外付けのスクリーンやシェード、すだれ、オーニング(日除けの可動式テント)、グリーンカーテンなどを活用することがあげられます。通気性を保つために、これらを窓から少し離して設置するのもポイントです。窓に直接貼る遮光フィルムや遮光カーテンなど、手軽に日射熱を遮ることができる製品もたくさんあるので、自分の家にあったものを選びましょう。

なお、外出時は外のスクリーンや遮光カーテンを下げておくと、日中の強い日射しによる室温上昇を抑えることができるため、帰宅時に感じる暑さも軽減できてエアコンも効きやすくなります。
外からの風を取り込み、温度と湿度を下げよう

外からの風を取り込み、温度と湿度を下げよう

次に、こまめに換気をして風通しをよくすることで、気温を下げることができます。夏はついエアコンに頼って室内を閉め切ってしまいがちですが、時々窓を開けて空気を循環させましょう。最低でも2か所、できれば対角にある窓を開けて、風が通り抜ける出入口を作るのが大切です。また、温かい空気はより上にのぼるため、天窓や吹き抜けの2階部分など高い位置に窓をつくると、熱気を部屋から追い出しやすくなります。風を循環させるのが難しい場合は、扇風機を上に向けて回し、室内の空気を動かすのもおすすめ。家全体に空気の流れができ、熱気がこもらないようにできると理想的です。

なお、通気口や網戸付きの玄関ドア、開閉できる採風窓がついたドアや間仕切りなど、通風タイプの製品を取り付ければ、扉を閉めたまま風の通すことができて便利。風通しが良くなるように、こうした間仕切りも利用して、快適な室内環境を保ちましょう。
断熱性能を高めて、熱のこもらない家に

断熱性能を高めて、熱のこもらない家に

暑くてたまらない室内を根本的に改善するなら、リフォーム時に家全体の断熱性を高めることをおすすめします。具体的には、面積の大きい屋根や外壁の部分に断熱材を使うという方法です。日射熱の侵入やエアコンで冷えた室内の空気が外に逃げるのを防げるため、リフォーム後には室内の気温が下がって冷房の効きも良くなり、電気代も節約できるのでエコにもつながります。また、冬には外の冷気を遮断し室内の暖気を外に逃がさない効果があるので、一年中快適な住環境を保つことができます。

なお、断熱・遮熱効果のある内窓や遮熱ガラス、床断熱、調湿効果のある壁材など、そのほかにも夏の暑さから家を守ってくれるさまざまなリフォーム製品があります。家全体のリフォームは無理な場合でも、どこか一ヵ所改善するだけで快適な住空間を作ることができるかもしれません。そんな時は一度、リフォーム会社や住宅会社に相談してみるのが良いでしょう。