小屋やさん展示場 小屋の森 Information

配置をちょっと

まとめて置いてたチューリップたちを道になるようにしてみたのである。

 

 

 

 

そう、

そこはあたり一面のチューリップ畑。

ひとつ深呼吸をしようものなら、鼻腔をくすぐるチューリップの香り…。

そして小鳥のさえずりを聞きながら優雅に

コーヒーでのブレイクタイム…。

 

 

 

そんなところはない、ここは小屋やさんである。

いつかはそうなって欲しいと筆者は心から願うのである。